2008年04月25日

夏季学校のいろいろ。さまざま。

7月末から、8月初めにかけて毎年、松本市で行われる夏期学校は、国内はもとより、海外からも多数の参加があり、数百人の先生方と1,500人にのぼる生徒、ご父兄で松本市街があふれかえります。その夏期学校での話を・・・・・。

もう十数年も昔のこと。鈴木鎮一先生がまだご健在であった頃のことです。当時鈴木先生は子供たちに人気のあったパンダ(あの動物のパンダです)をもじって、弓先をふらつかせないために、パン で弓を用意させ、ダ で親指に力をこめるパンダ奏法なるものを考え出し、全国の教室で、パンダ・パンダ・・・・とやっておりました。

そこで、私も当時受け持った教室で、「よし、まずはパンダからだ」と思い、レッスン初日の開口一番、当然知らない人はいないものとふんで、「みんな、パンダを知っているね〜」と言ったところ、なんと!最前列におられたムーミンパパのようなお父様が、しっかり手を挙げて、「先生、僕、知りません」といわれました。

当然、皆知っており、レッスンでもやっているはずと思い、既に気持ちは次にやることに移っていた私は、そこで先制パンチを受け、ガクリ・・・・。「な・な・なんなんだ、このお父さんは・・・。」と思いつつ、それではパンダの説明からしなければならないかと思ったその時、ご父兄の中から「ノーベル賞・・・・。」「トネガワセンセイ・・・」等とささやきあう声が聞こえてきました。その瞬間、前日の打ち合わせのことが思い出されたのです。

夏期学校実行委員長より、「今回の夏期学校にはノーベル賞受賞の、あの高名な、利根川 進先生がお子さんをつれて参加されます。どのクラスに入られるかは未定ですが担当の先生はくれぐれも失礼のないように」・・・・・ぎえ〜・・・・当たってしまった〜・・・・なのです。そこで、恐るおそる「あの・・・・失礼ですが、ノーベル賞のトネガワセンセイですか?・・・」とおききしたところ、苦笑いのような、照れたような童顔で「いや〜・・・」とのこと。そこで教室は大騒ぎ。その後のレッスンは何をどうやったか覚えていません。


午前のレッスンを終えると午後のグループレッスンがありますから、あわただしい昼食をとらなければなりません。友人の先生と昼食を食べに入った店でなんと、手を振って「花ちゃんの先生〜」と呼ぶ声がするではありませんか。みると、トネガワセンセイ。花ちゃんとは先程レッスンをした利根川先生のお嬢さんのお名前で、奥様は下のお子さんのクラスにいかれておられたとか・・・。奥様はモデルさんのように美しい方でした。


こんな機会は二度と無いと思い、写真を一緒に撮らせて頂きました。写真が出来たらお送りしますので、ご住所を教えて下さい、と言ったところ、紙に書いて下さったのが、NASA、USA・・・・これで利根川 進宛で届きます。とのこと。流石世界のNASA、さすが世界のトネガワ・・・・。


今でも忘れられない思い出の1つです。

佐々木
posted by suzukimethod at 00:05| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒヤシンス  −私がこの道に入る前の修行時代の想い出話です。

中 塚   久

私がこの道に入る前の修行時代の想い出話です。

時は昭和28年、ところは信州松本市の旭町、スズキ・メソードの祖、鈴木鎮一先生のご自宅です。今日は研究生の具ループレッスンの日で、5、6名の若者が先生のご指導を受け、それが終わると、お茶の時間、鈴木先生を囲み、談笑の中から私たちは含蓄のある先生のお話を伺えるのです。

時にはスズキクヮルテット時代の裏話だったり、講和だったりと様々ですが、どれをとっても、勉強中の私たちには実になるお話です。

それはさて置き、気になることは、窓辺におかれた一鉢の植物です。当時流行った水栽培の球根だそうで、ガラスのフラスコ風の容器の口元に一個の球根を乗せ、水を満たして追々花を咲かせて楽しむというもので、先生も毎日観察しながら、その成長を楽しんでおられました。レッスンに伺う度に、私たちも一緒に花を咲かせる日を楽しみにしておりました。それが期待を裏切りさっぱり芽が出ないのです。

伸びるのは水の中の根ばかり、その姿は、『蔓延る』という形容がぴったりの勢いで、先生が仰っている『生命活動力』がここにも働いている!と実感させられました。そんなある日、芽が出初め、あとは、根にも勝る勢いで葉が出、茎が伸び・・・・そして薄紫の見事な花を咲かせました。それはヒヤシンスでした。

スズキ・メソードの教えの中に、『備・教・育、育、・・・』という言葉があります。備はそなえであり、準備のないところに教は行われない、そして、このヒヤシンスの栽培から、あれほど根が張って、初めて芽が出、そして花を咲かせる、そのプロセスを教えられました。そして

鈴木先生の格言に『ひとは環境の子なり』という名言がありますが、才能を育てる土壌は環境であり、それが目に見えないところで働いていることを教えられました。

posted by suzukimethod at 00:00| Comment(0) | 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

春の日差しと供に、桜の蕾もふくらんだ4月6日、北一教室の演奏会が行われました。

春の日差しと供に、桜の蕾もふくらんだ4月6日、北一教室の演奏会が行われました。
毎年恒例の、教室の一大イベントということで、生徒は張り切って熱演?を披露しました。
お蔭様で、お客様はたくさんご来場頂き、感謝の気持ちで一杯です。
スズキ・メソードの演奏会って・・・他のバイオリン教室みたいに1人づつステージに立って独奏するスタイルではなくて、大勢で1曲を弾きます。
ですから、舞台裏では、生徒たちを並ばせたり、調弦したりと大忙しです。調弦は、先生やアシスタントの人等と手分けをします。生徒のお世話は、お母様方にお願いして、曲の出番ごとに人数と名前をチェックして並ばせてもらいます。もちろんステージに出すタイミングの合図などもご父母の方々。ほぼ生徒全員のお母様お父様方にお手伝い頂いてコンサートが進行しているわけです。
2、30人〜50人が一度に動くこともあるので、いかにスムーズに入退場が出来るかが鍵なのです。
こちらの教室はバイオリンとチェロの合同演奏会です。ステージ一杯にチェロとバイオリンの生徒が並びキラキラ星の二部合奏は、素晴らしかったと思います。(写真がなくて残念!!)
演奏は皆良くがんばりました\(^・^)/
私はまた来年に向けての反省もありましたが、それを生かして今年以上にすばらしい演奏会になるよう、努力したいと思いました。

北一教室バイオリン科指導者
中塚 敦子
posted by suzukimethod at 01:10| Comment(0) | お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業式に行ってきました! 関東、北海道・東北地区卒業式:今年で38回目

全国5ヶ所で毎年3月末に行われるピアノ科卒業式。
関東、北海道・東北地区卒業式は今年で38回目となりました。熱気あふれる
リハーサルから本番までの様子をご報告します!

前期高等科までの生徒さんは2台のピアノを使っての斉奏。組み合わせは実行委員の先生方により決まりますので、多くの場合もちろん初対面・・・。練習や二度のリハーサルを重ねて本番に臨みます。あったことも無いお友達と息を合わせて弾く緊張感と喜び・・・スズキ・メソードならではの光景です。


最初のリハーサルは皆の憧れの的、東誠三先生に特別レッスンして頂きます。限られた時間の中、一人一人に合わせ、とても熱心にご指導いただきました。


ちょっと緊張で硬くなっていた生徒さん達。「指先だけではなく、腕全部を使ってたくさんの気持ちを伝えよう!」すぐ真横で奏でられる素晴らしい音・・・きっと子供たちの心にまっすぐ届いたことでしょう。こんな音が聞こえてほしいなと願い、そして自分の音に耳も心も澄ませることの大切さを改めて教えて頂きました。


二回目は10日後、佐藤ケイ子先生によるリハーサルでした。


さすが同じ釜の飯を食べる仲間・・・?!と思ってしまうくらい、ぴったりと息が合ってきた様子に脱帽。その能力の可能性は、ただただうらやましいばかり。ン十年前は、私も子供だったはずなのですが???


そして、3月27日・・・。満開の桜のもと、晴れやかな笑顔とともに卒業式が行われました。

江原功先生指揮による、スズキ関東地区オーケストラによる祝賀演奏による幕開け。
続いて、才能教育課程卒業曲 モーツァルトピアノ協奏曲「戴冠式」です。


オーケストラをバックにピアノを弾く機会は、なかなか望んでも得られない大きな夢。
三人の生徒さんたちはとても堂々と、そのまたとない機会を楽しんでいるようでした。


その後の卒業式では、今年の卒業生の皆さんが舞台の上に大集合。豊田先生からのお褒めの言葉に満足そうな笑顔が並びます。会場前にはホールの外になが〜い列が出来るとか・・・。出席した人しかいただけないバッチを楽しみに集めている生徒さんもいるのでしょうね!


最後に研究科Bを卒業なさった生徒さんは、「頑張ったね」の気持ちを込めて、全員の名前を紹介します。この経験を生かして、これからも大きく羽ばたいていくお兄さんお姉さんたち・・・見つめる後輩たちの目にも賞賛の色が浮かびます。卒業制度は子供たちの意欲作りのために始まったものでした。昔も今も、そんな気持ちに変わりはないのですね。

第2部・・・いよいよ2台での斉奏です。本当に子供たちって、本番が一番スゴイんです!!!どの子もとても集中して、よく頑張っていました。


毎回、出来上がった本番だけ聞き、ただ感心するだけでした。今回、リハーサルから覗かせて頂き、その過程における子供たち、先生方の熱心な努力に接した私は心からの拍手を贈りました。当然ながら、最初から上手く合うわけではない。相手の息使いや拍子感・・・すべてを全身で感じ、その中で一緒に音楽を作り上げていく。まさにその瞬間を共有している子供たちは、何を感じているのでしょうか。大人になっても、今のこの気持ちは忘れがたい経験となって、きっとどんな時も支えてくれるのでしょう。


もうひとつ・・・今回はとても男の子が活躍していました。小さなお子さんから大きなお兄ちゃんまで。自分のペースで音楽と楽しく向き合って過ごしてきた様子に、スズキの未来を感じました。


迫力満点のベートーヴェン ソナタ「情熱」で今年の卒業式は終演となりました。


「今度はあの曲弾きたいな!」新たな目標を胸に、すっかり仲良しになった仲間ともお別れです。来年もここで元気に会えるといいね。

菅野
posted by suzukimethod at 00:15| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする