2009年07月31日

コロコロと

モーツァルト、と言わず古典派全体を代表しているような曲といえば、ピアノ・ソナタ ハ長調 K.545ですが、個人的に最もモーツァルトらしさを味わえる曲は、同じピアノ・ソナタ ハ長調でも、K.330だと思うのです。

モーツァルトの音楽は本当に面白い。

表情の変わり方が半端なく、1小節ごとにコロコロと変化していきます。

今笑ったかと思えば、今度は重苦しくなり、涙を一瞬見せたかと思えば、急に周囲を驚かせ、それに皆が騙されたことを楽しんでいる…。これが1小節、半拍ごとに訪れるんです。

また、単純な繰り返しはしないで、いつも次々と同じフレーズに手を加える…もしもモーツァルト本人が目の前で演奏してくれていたら、即興演奏としか思えないでしょう。サービス精神が本当に旺盛で、聴く者を常に喜ばせようとしています。

そんな特徴がふんだんに出ているのが、K.330なんです。特に第1楽章はモーツァルトの権化のような曲と言えます。

しかし、それも、彼の多様な音楽性の一部に過ぎない…モーツァルトの音楽は、「分かりやすい」音楽の代表のようでありながら、知れば知るほど実に奥が深い。


モーツァルトの弦楽器のための曲に関しては、また是非別の機会に書きたいと思います。

飯塚
posted by suzukimethod at 23:50| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ

今日のBSクラシック倶楽部は、アンドリュー・マンゼのバロック・ヴァイオリンでしたね。

J.S.
バッハの「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ」から、第2番 イ長調を演奏していました。

この「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ」は全部で6曲からなる曲集で、個人的に本当に大好きです。残念ながら一般的にはあまり有名な曲も含まれておらず、ヴァイオリン弾きでも扱ったことがないという方も多いかもしれません。ですが、本当に良い曲の集まりなのです。

なのに何故有名でないかというと…単純化して申し上げますと、あまりメロディアスではないからです

ふつうヴァイオリン・ソナタといえば、もちろんヴァイオリンが主役であると想像します。ですからこの曲を聴くときも、ついついヴァイオリンを耳で追ってしまいます。

ところが「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ」というくらいですから、ヴァイオリンと、チェンバロの右手と、チェンバロの左手という3声部が、それぞれ主役になったり、伴奏になったりと、一見ちょっとだけ複雑なので、あまりクラシック(というかバロック…というよりもバッハの)音楽になじみの無い方にとっては、少し難しく感じられるかも知れません。

ですが、良く考えてみれば3声の音楽なのですから、先日ここで紹介させて頂いた「インヴェンションとシンフォニア」と同じ作りをしているので、何も難しいことはないのです。単に、その中の1声部がヴァイオリンになっただけなのです。

さあ、これで今日から皆さんのライブラリーに新しい仲間が増えましたね!

まだお聴きになったことのない皆さん、是非是非トライしてみて下さい!


ちなみに、第3番の第3楽章は僕の、あらゆる曲の中で最も好きな曲です。

理由などなく、限りなく崇高で、本当に美しい、良い曲だからです。

飯塚

 
posted by suzukimethod at 23:50| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

究極の洗濯

梅雨の明けていない仙台は今日も雨模様でした。

いつもどこへ行くにも基本的に自転車を使う私にはこの時期の気候は非常にやっかいです。

一番悩むのが、雨を防ぐべく合羽を着るべきか否か、なのです。

やはりこの夏の最中、雨で湿度が上昇しきっている状態で合羽を着、自転車を漕いで長距離運転していると、合羽内は相当蒸れて、汗まみれになります。

雨で服が濡れるのを防ぐべく合羽を着たはずなのに、その合羽を脱ぐと中の服は汗まみれでビショビショ…着た意味があったのか…。

これならいっそのこと雨に濡れた方が良かったのでは、とも思えてしまう今日この頃、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ 第1番「雨の歌」が、しっとりと身にしみ入ります。

何年か前、ギドン・クレーメルとクリスチャン・ツィメルマンの “奇跡のデュオ” が、来日公演でブラームスのヴァイオリン・ソナタ全曲を演奏していましたが、これは、非常に聴きに行きたかったコンサートの一つとして、未だに心に引っかかっています。

CD化か映像化が成されるものと、期待していたのに…いや、まだ待ちます!


しかし、合羽は「着る」「着ない」どちらが正解なのか…?

答えはもちろん、「雨の日は自転車に乗らない」に決まってます。

悩みを深めつつ、「雨の歌」を聴きながらビショ濡れの服を洗濯機に入れるのでした。

飯塚
posted by suzukimethod at 23:30| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

お見舞い

ここの所、全国的に天候が不順で、大きな災害がニュースで報道されています。

スズキ・メソードは全国(と言いますか、世界各地に)教室がありますので、このたびの天災のあった地域で教えてらっしゃる先生方、生徒さん達、そのご家族に被害がなかったことをお祈りするばかりです。

不幸にして災害にあわれた皆様、心よりお見舞い申し上げます。


以前、仙台で大きな地震があったときには各地の先生方からお見舞いのメールなどを頂戴し、非常に励まされたことを思い出します。


こんなとき、音楽は大きな癒しとなります。

芸術は、人間の生み出したものでありながら、何か人知を超えた力があるのが、不思議です。

飯塚

posted by suzukimethod at 23:50| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

ん?

先週ラジオを聴いておりましたら、音楽を学ぶ人皆に通じる言葉が紹介されていました。

Only those who have the patience to do simple things perfectly will acquire the skill to do difficult things easily.  ―Johann SCHILLER

(簡単なことを完璧にやる根気強い人達だけが、難しいことを難なくこなす能力を身に付ける。)

これは本当にそうですよね…しかしこれが不誠実に行われがちです…もちろん僕の話ですが!


ん?

でもシラーの言葉ってことは元はドイツ語のはず…と言うよりもまずシラーの言葉だったのかと今書きながら気が付き…英語で紹介されていたので安易に英語圏の人の言葉かと思っていました…。

でもせっかくなので英語も載せておきます。

飯塚

posted by suzukimethod at 23:50| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

お母様方、お気を付け下さい…。

随分と以前のことですが、教室の発表会の練習を皆で集まってしていた時の話です。

休憩時間に生徒のみんながオヤツを食べながら雑談をしていました。

何となく耳にしているていると、「自分の家の先祖は何をしていたか知ってる?」というテーマで小中学生達の間であれこれと話が盛り上がっていましたが、それを傍らでずっっと静かに聞いていた幼稚園児二人がオモムロに口を開いて曰く、

A:「ウチのママの先祖はオニババ。」

B:「ウチもー。」

突然のA君の問いかけに対し、B君の返答のスピードはA君の語尾を聞き終わる前に…。

その年も楽しい発表会でした。

今年は10月17日 土曜日に、宮城野区の常盤木学園 シュトラウス・ホールにて。

飯塚

posted by suzukimethod at 11:59| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

おや!?

夏休みに入って1週間余りが過ぎました。僕だけでなく、この長期休みを有効に活用して、普段なかなか思うようにできない勉強や楽器の練習に取り組みたい(または取り組ませたい!?)、と思って(またはもくろんで!)いらっしゃる方も多いことでしょう。

ところが、毎年いつの間にか休みは過ぎ去り、練習に励むどころか休み明けに近づくレッスンに恐れおののくことに…というパターンに陥ってしまいがちです。いや、これをお読みの皆さんではなく僕がです。

そこで至極当たり前のことに気が付いたのですが、夏休みを有効に利用したいならば、普段学校や仕事に行っている時間にこそ、その強化したいことをしなければ、まるで意味がないのですね!

しかしついつい朝寝坊…午前中を好きなことをして過ごして午後もゆっくりテレビを見ていたら、「おや、3時を回ったぞ!」の毎日。

これでは結局、残った時間はルーティンをこなすだけで終わってしまいます。そしてそんなこんなで気が付くと8月後半に突入…鏡を見るとそこにはムンクの名画が写っていることに…。

やっと気づいてしまったので、頑張ります…。

飯塚
posted by suzukimethod at 21:42| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

宝石を独り占め

ヨハン・セバスティアン・バッハは数え切れない程の名曲を遺していますが、その中で、一番私たちに近い所で輝いている宝石の一つが、「インヴェンションとシンフォニア」ではないでしょうか。

ご存じの通り、J.S.バッハが長男のヴィルヘルム・フリーデマンのピアノ(当時はまだチェンバロやクラヴィコードの時代でしたが)、そして作曲の教育のために書いた、いわば「練習曲」の一種ともいえる作品集で、2声のインヴェンション・3声のシンフォニアともに15曲ずつあります。

その1曲1曲がどれ一つ取っても本当に個性的かつ魅力的で、非常に確固とした作りの曲ばかりながら、いつ耳にしても、音楽の瑞々しさ、そして父親の愛情がそこここに感じられます。

ピアノ学習者にとっては、大きな憧れであると同時に、最初の大きな壁の一つと言われますが、ヴァイオリン弾きの私にとっては扱えるだけでもとても羨ましい限りです。

弦楽器用にアレンジされたものをたまに演奏する機会がありますが、2人または3人でそれぞれ1パートずつしか演奏することが出来ません。

2声3声を同時に独り占め出来るなんて、ピアノはとても贅沢な楽器ですね!

飯塚
posted by suzukimethod at 23:52| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

このたび、

このたび、と言っても少し前のお話になりますが、スズキ・メソードのヴァイオリン教本1、2巻の内容が改訂されました。

表紙に<新版>とかいてありましたら、改訂版です。書店や楽器店などでお探しの際は、その表示にご注目下さい!

ご存じの方も多いかと思いますが、それまで発行されておりました教本も、何年か前に改訂されたものでした。

今回発売されました版は、それを更に新しくしたものです。

スズキ・メソードの教本は、世界中で使われておりますが、実は以前の改訂は日本版のみに施されたものでした。今回はそれを国際的にもすべて新しくするにあたり、世界のスズキ・メソードの代表が内容を更に吟味し直し、より良いものを目指して出来上がった版だと聞いております。

内容のみならず、付属のCDも新録音になっております。

以前の版をお持ちの皆様も、是非この機会に<新版>をお求め下さい!

飯塚
posted by suzukimethod at 00:00| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

本日

本日午後7時から、仙台市太白区文化センター・楽楽楽ホールにて、『ウィーンからの贈り物』と題されたコンサートがあります。

ヴェルトハイムシュタイン・トリオ・ウィーンによる、ハイドン、メンデルスゾーン、ヨハン・シュトラウスU世 などの演奏です。

作曲家オリジナルのピアノ三重奏曲のみならず、ヴェルトハイムシュタイン・トリオ・ウィーンが独自にアレンジした、親しみやすい曲がプログラムにふんだんに盛り込まれています。楽しみですね!

ちなみにこのトリオでチェリストを務める片岡典子さんは、アメリカのスズキ・メソード出身です。

アメリカのスズキと言っても、ご両親がお二方とも日本出身のスズキ・メソード指導者(お父様がチェリスト、お母様がヴァイオリニスト)でしたので、日本でもたびたび鈴木鎮一先生のもとで勉強されたそうです。

そのご両親、片岡先生ご夫妻は、2003年仙台支部のコンサートで講演と演奏をして下さいました。そのときのお二方の本当に澄んだ音色は、今でも忘れることが出来ません。

今日のコンサートでも、きっと素敵な音色に出会えるはずです。

皆様も是非お出かけ下さい!

飯塚
posted by suzukimethod at 00:00| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

ワディム・レーピン

今度の金曜日(24日)午前10時から、NHK BS2にて第1651回N響定期公演が放送されます。

この中でワディム・レーピンがラロ作曲のスペイン交響曲を演奏します。
レーピンのラロは非常に好きなCDの一つでよく聴いていたので、映像を見られるのがとても楽しみです!

スペイン交響曲は、ヴァイオリンを学習する若い生徒さん達にとってはあこがれの曲の一つですが、何故か意外と実際のコンサートやテレビでの映像を見られる機会が少ないのです(と、言いつつ先月も山響の演奏会で滝 千春さんが演奏されていたものが放送されたばかりですが…ただこの放送では第3楽章がカットされていたので、今回は全楽章の放送を期待します!)。

ところで、あくまで私見なのですが、こうしてNHKでは毎日の様にクラシック番組の放送がされているにも拘らず、学習者の皆さんやその保護者の皆さんが、このようなとても良い学習の機会を逃している様な気がしてなりません。

さすがに毎日はご覧になれないまでも、気になる演奏会などはNHKのホームページやテレビの番組表などをチェックして、可能ならハードディスク・レコーダーなどに録画しておけば、時間のあるときに自宅に居ながらにして、世界中の最高水準の演奏を鑑賞することが出来ます。これって、本当に素晴らしいことだと思いませんか?

皆さんも、是非活用してみて下さい!

ちなみに、NHK BSのクラシック番組の放送予定はこちらです。

http://www.nhk.or.jp/bsclassic/

飯塚


posted by suzukimethod at 01:23| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

エル・システマとドゥダメル

最新号の機関誌に、ヴェネズエラで大成功を収め、今世界中で話題になっている「エル・システマ」の記事がありました。

何年か前にはNHKで大変感動的なドキュメンタリーも放送されましたが、その番組内でもクラウディオ・アバドやサイモン・ラトルなど、世界のトップクラスの指揮者が賛辞を送っています。

簡単に言うと、この「エル・システマ」とはオーケストラを主体とした音楽活動を通じ、子供たちを育てていこうという人間教育のシステムで、これが子供たちに芸術性や協調性、勤勉さを与えるのみならず、犯罪から遠ざけたりする効果もあげているのです。

このシステムから生まれた最も注目される存在が、指揮者のグスターヴォ・ドゥダメルではないでしょうか。

昨年のベルリンフィル・ワルトビューネ・コンサートでもバトンを振り、圧倒的な演奏で、おそらく私だけでなく、世界中の聴衆を熱狂の渦に巻き込んだに違いありません。

このコンサートで演奏されたラテンのナンバーはほとんどがそれまで知られていないような曲ばかりでしたが、この時の放送を通じ、世界中のオーケストラのレパートリーに影響を与えてしまうのでは?と思えるほどインパクトの強いものばかりでした。

ベルリン・フィルがまさに踊ってまいした(中でもアンコールの「マンボ」は最高でした!)。

ヴェネズエラのユース・オーケストラの日本公演も放送を見ましたが、本当に素晴らしい!まだ彼らの演奏を見聞きしたことがない方は、DVDやCDなどたくさんの媒体が発売されています。機会がありましたら、是非是非ご覧ください!

飯塚
posted by suzukimethod at 16:00| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

エリン・キーフさん コンサート

7月4日 仙台国際音楽コンクールのボランティアプロジェクト「ティータイムコンサート」に行ってきました!市民250名様無料招待です。

ヴァイオリニストのエリン・キーフさんは前回のコンクールで第2位となられた方。バッハからバルトーク、シベリウス、クライスラーと名曲を迫力満点の演奏でじっくり聴かせてくださいました。

演奏者自身のお話を盛り込みながらのコンサートでしたので、その人柄を身近に感じられるところがとても良かったです。その中で・・・なんとエリンさんは8歳からアメリカのスズキ・メソードで育ったそうです。皆さんの先輩だったんですね!ヴァイオリンを選んだ理由がとてもユニークで。「新しい家のドアが小さくてピアノが入らなかったから」・・・なるほど。

伴奏は仙台出身のピアニスト高橋麻子さんでした。とても息の合ったアンサンブルだったので、「今日で会って三日目です」にびっくり!

高橋さんの言葉に「たとえ言葉が通じなくても音楽があれば、解かり合える。それが素晴らしいです」

世界の共通語「音楽」を通じて、たくさんの人と色々な気持ちを共有できたらいいなあ。

次の日、支部合奏会であちこちの教室から集まってきた生徒さん達が楽しそうに一緒に演奏している姿を見て、しみじみ感じてしまいました。

菅野
posted by suzukimethod at 23:44| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

仙台支部総会と合奏会

本日、台原コミュニティーセンターにて仙台支部総会と合奏会が開催されました。

梅雨の晴れ間で気温も上がり、冷房の無い部屋はちょっと蒸し暑かったですが、心地よい扇風機の風の中、参加してくれた生徒の皆さんと演奏を楽しむことができました。

総会の方も、有意義な時間が持てたのではないかと思います。

わざわざお出で下さった皆様、本当にありがとうございました。

来年もたくさんのご参加をお待ちしております。

飯塚
posted by suzukimethod at 00:28| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。