2009年08月02日

注目

毎年、注目を浴びる作曲家が変わります。作曲家の生没年に合わせ、「〇〇イヤー」としてその作曲家にスポットライトを当て、コンサートで多く演奏されたり、CDなど録音媒体も沢山発売されます。

今年は、
ヘンデルハイドンメンデルスゾーンが当たり年(?)です。

それぞれ、バロック、古典派、ロマン派を代表する作曲家たちですね。

この機会にCDショップなどに出かけてそれぞれの録音などを購入し、親子で曲風を比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

よく「CDを買いに出かけても、何を買って良いかわからないです。」というお話を耳にしますが、こうしてその年注目の作曲家のものを聴いてみるのも、一つのきっかけになると思います。

このブログでも、いずれそれぞれの作曲家を取り上げる機会を持ちたいと思います。

飯塚

posted by suzukimethod at 00:41| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする