2009年09月06日

こぼれ落ちた。

せっかく頑張って掴みかけたものが、その直前に手からこぼれおちる…そんなことって、ありますよね。

私は頻繁に経験していますが、たった今も、また経験しました。


数十分かけて書いたブログが、なぜか保存されなかった…。

何かの操作ミスに違いありません。


そんな時は、むなしさで一杯になりながら、それをネタにまたブログを書く。


一度きりしか使えない手ですが!


今日書いて儚く消えたあのネタに合掌しつつ、いつかまたここに復活させることを心に誓いつつ。


明日また頑張ります…。


ともあれ、何か一つくらい。



最近、またバッハの無伴奏ソナタとパルティータを聴く機会が増えました。


しかし、これは本当にとてつもない曲です。


1720年に書かれてから、約290年くらい経っても、その輝きはまるで失われることがない。


とても難しく、容易には扱えないし、もし万が一、仮に技術的に演奏が可能になったとしても、その演奏解釈がまた非常に難しい。


どの方角から登っても、簡単なコースが無い、険しい山のように聳え立っています。


それでいて、その姿は厳格にして美しいだなんて。



おそらく今後500年経っても、ずっと金字塔のままなのでしょう。


ちなみに私はまだ、その山に近づく道に迷い続けています。


消えた文書と全然違うものを書いてしまった。

飯塚

posted by suzukimethod at 11:30| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。