2013年06月05日

「謝」

スズキ・メソード仙台支部のブログをご覧の皆さま


随分とご無沙汰を致しております…

長期間更新がなされず申し訳ありませんでした!



この○ヵ月間、仙台、東北には本当に色々なことがございました。



被災地である東北の我々に世界中から多大なるサポートを頂戴も致しました。



こうしてまたブログを再開し、情報を発信していくことで、

私たちの復興を少しでもお伝えできればと願っております!



こうして皆様への「お詫び」と、「お礼」の気持ちを書き表そうと思いましたところ、

どちらも「謝」の字を使うことに気が付きました。



「謝辞」と「感謝」


どうして同じ字を用いるのか調べましたところ…



「謝」は、「言」ベンに「射」と書きます。


「射」はもちろん矢を射ることで、ピンと張りつめた弦を

矢を放つことで緩めることを表すそうです。


つまり、『「言」葉の矢を「射」ることで、張りつめていた心の緊張をほぐす』

のが「謝」の核となる意味なのだそうです。



ですから、「謝やまる」のも「感謝する」のも

『「申し訳ない」と思う気持ちを言葉にして、心の負担を軽くする』


ということになるのですね。



この文章を書いたくらいでは、僕の肩の荷はまだちっとも軽くなってはいませんが…。



飯塚


posted by suzukimethod at 21:18| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。