2015年03月02日

妖精は魔女を兼ねる?

3月15日の支部合同演奏会プログラム解説、本日は4曲目です。


パガニーニ作曲の「妖精の踊り」のテーマなのですが、これがまた色々とツッコミどころがある曲なんですよね。


まず、この「妖精」という訳語ですが、原語のLa streghe(伊語)は「魔女達」の意味です。


「魔女」とするとイメージが悪かったのでしょうか、この曲は昔から「妖精」と訳されている場合が多かったように思います。


これがツッコミその1。


それから作曲者パガニーニという扱いですが、これにもちょっと問題があり?ます。


このパガニーニという人は歴史上最大のヴァイオリニストと言われる伝説の演奏家で、たくさんの興味深いエピソードが残っていますが(それらはまた別の機会に譲るとして)、自身のレパートリーのほとんどは超絶技巧を擁する難曲ばかりでした。


1から全て自分で作曲する曲もさることながら、パガニーニは、巷で人気を博していたオペラのアリアやバレエ音楽など、当時誰でも知っているポピュラーなメロディーを段々と変化させていく「変奏曲」というジャンルも大変得意としていました。


最初にみんなが知っているメロディーを「テーマ」として演奏し、その後そのテーマをもじった「ヴァリエーション(=変奏)」をいくつか演奏して、盛り上がって終了!というパターンです。


今回演奏する「妖精の踊り」も、テーマ部分は実は他の作曲家のものなんです。


フランツ・クサヴァー・ジュスマイアーという作曲家がその人で、現在ではほぼ忘れ去られた存在ですが、この名前に「あぁ!あの!?」と思われた方は、なかなかの音楽通です!


ジュスマイアーは、あのモーツァルトの有名な「レクイエム」を補筆・完成させた人物として知られています。


他にも、モーツァルト最晩年にはアシスタントとして「魔笛」や「皇帝ティートの慈悲」などの成立に力を貸したと言われています。


そのジュスマイアーが作曲したバレエ音楽「べネヴェントの胡桃の木(Il noce di Benevento)」のなかに登場する曲が、この「妖精の踊り」のテーマなんです。


…ちょっとまてよ、テーマはもともとジュスマイアーの作曲でしょ!じゃあこの「パガニーニ作曲」っていうのは一体…。


でもやはりパガニーニのおかげで、こうして今我々が彼の音楽を楽しむことが出来るのですから、ジュスマイアーには少しお認めいただきましょう!


これがツッコミその2。


今回演奏されない「妖精の踊り」のテーマ以外の部分、つまりイントロダクションや変奏部にはパガニーニの魅力がふんだんに詰まっています。


まだお聴きになったことのない方は、こちらの方もいつか是非!


スズキ・メソード仙台支部合同演奏会

3月15日 13:00開場 13:30開演

日立システムズホール仙台 コンサート・ホール

入場無料 全席自由 

未就学児も入場可能です!

チラシはこちらを。
posted by suzukimethod at 02:18| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。