2015年03月03日

番号はおまけということで

3月15日の支部合同演奏会、本日は5曲目の解説です!


メヌエット 第1番という曲です。


私たちスズキ・メソードで使っております指導曲集 第1巻には、メヌエットが3曲出てまいります。


3曲とも耳なじみのある、「知ってる知ってる!」というおなじみの曲ばかりです。


どれもト長調ですし、一応全てバッハ作曲で、同じメヌエットという題名では扱い辛いので、便宜的に、1番・2番・3番と番号が振ってあります。


決して作曲家が付けた番号ではございませんので、一般には全く通用しない番号です。悪しからず。



さて、この曲は一応バッハの曲ということになっておりますが、実はまだ真偽のほどは定かではありません。


序曲 ト短調 BWV822という組曲の中に収められているのですが、まずこの組曲自体、純粋なバッハの作品かどうかは諸説あるところで、内容的にバッハの曲としては稚拙すぎるのことから、他者のオーケストラ曲などを鍵盤楽器用に編曲したものではないか、というのがもっぱらの見解のようです。


このメヌエットは組曲の第5曲目に当たります(ちなみに第3曲目は、指導曲集 第3巻の「ガヴォット ト短調」です)。


それで、メヌエットの作りとして良くあるパターンとして、


メヌエット@ − メヌエットA − メヌエット@ (メヌエットAは”トリオ”とも言われます)

もしくは、

メヌエット@ − メヌエットA − メヌエット@ − メヌエットB − メヌエット@


なんていうのがございますが、私たちが今回演奏する「メヌエット 第1番」は、上の表における メヌエットBの部分に当たるんです。つまり、長いメヌエットのごく一部なんですね!しかも3番目…。


…もうこうなってくると、第1番だか3番だか、訳がわかりません!


ですから、ひとまず番号は「おまけ」ということでお願い致します!



そうそう、指導曲集 第1巻のメヌエットは3曲とも「バッハ」作曲となっていると書きましたが、残りの2曲も、音楽学者たちの間ではバッハのものではない(第3番はペッツォルトという作曲家のもの)ということになっております。こちらも悪しからずです!



スズキ・メソード仙台支部合同演奏会

3月15日 13:00開場 13:30開演

日立システムズホール仙台 コンサート・ホール

入場無料 全席自由 

未就学児も入場可能です!

チラシはこちらを。
posted by suzukimethod at 02:38| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。