2015年03月06日

みんなの古い友人

3月15日の支部合同演奏会、本日の解説はコンサート後半に演奏されます、ヴィヴァルディの1曲です。


先日解説した「a-moll」と同じ「作品3”調和の霊感”」に収められております、

2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 作品3−11 第1楽章

がそれです!


本当にヴィヴァルディの作品3という曲集はヴァイオリン弾きにとっては大切な存在で、ある種「宝箱」とも言える程のものなんです。


少しずつ演奏能力が高まってきて、小品から協奏曲にチャレンジする時、あるいはさらに勉強が進んでアンサンブルへとトライする時など、いつもこの曲集を通ります。


ですから、作品3を「竹馬の友」として心の奥に大切にしまっているプロの演奏家も世界中に多いのでは?と想像します。


で、今回演奏致します第11番ですが、これはヴィヴァルディの協奏曲全体を通してみても、屈指の傑作です。


2人のソリストが競い合うようにメロディーを模倣しながら互いを高め合うイントロダクションに続き、チェロ(今回はピアノが代わりを務めます)が独奏を引き継いでその低音を深く響かせて導入部にピリオドを打ち、次にハーモニーだけで展開される短い中間部が一旦聴衆の心を惑わし、最後に格調高い厳格で長大な4声のフーガが曲を崇高に締めくくります。


独奏協奏曲にフーガを持ち込む手法はヴィヴァルディとしては珍しいのですが、フーガの中に独奏者の見せ場を非常にうまく織り交ぜた見事な出来栄えです。


この手のものをもっとたくさん書いていれば、ヴィヴァルディの今日の評価はまた違ったものになっていたかも知れません!


ちなみにフーガとは何かをごくごく簡単に説明いたしますと、あるメロディーをテーマとして、それを色々なパートが繰り返し受け渡しながら音楽を展開していく作曲法で、J.S.バッハが最も得意としたことでも知られています。


ついでながら、もしかするとバッハの「2つのヴァイオリンのための協奏曲」も、この曲に触発されて書かれた可能性も無いとは言えません!(実際にこの曲は編曲してはいないものの、バッハはかなりの数のヴィヴァルディの曲をチェンバロ用に編曲し、イタリアの協奏曲様式を勉強しました。)


今回は残念ながら演奏しませんが、2楽章、3楽章も名曲です。特に第2楽章は、「シチリアーノ」として独立して演奏される機会も多いです。


機会がありましたら是非!


スズキ・メソード仙台支部合同演奏会

3月15日 13:00開場 13:30開演

日立システムズホール仙台 コンサート・ホール

入場無料 全席自由 

未就学児も入場可能です!

チラシはこちらを。









posted by suzukimethod at 04:21| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。