2015年03月07日

父の教え給えし曲

3月15日は皆様、日立システムズホール仙台へ!


本日は昨日に引き続いて後半の曲から、ドヴォルザークのソナチネ ト長調 作品100より第4楽章の解説です。


ドヴォルザークはヴァイオリン曲を色々と書いているのですが、ちょっとご紹介致しますと、

・ ロマンス ヘ短調 作品11
・ バラード ニ短調 作品15の1
・ ノクターン ロ長調 作品40
・ マズルカ ホ短調 作品49
・ ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品53
・ ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 作品57
・ 4つのロマンティックな小品 作品75b
・ ヴァイオリン・ソナチネ ト長調 作品100

というのが僕の知っているところです。この他にもあるかも知れませんが、以上が主たる部分であることには変わりないでしょう。


いかがでしょうか?曲名を見ただけでメロディーが頭に浮かぶものがございましたでしょうか?


ロマンス、協奏曲、4つのロマンティックな小品、そしてこのソナチネが演奏や録音の頻度が高いかな、と思います。


「ん?ユーモレスクはどうしたのかな?」


と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、ヴァイオリン曲のレパートリーとして非常に有名なユーモレスクは、もともとピアノ曲で、現在良く演奏されているのはハイフェッツやクライスラーといった大ヴァイオリニスト達がヴァイオリン用にアレンジしたものです。


上に挙げたものは全て作曲家のオリジナル作品ですが、実際はアレンジものの方が有名です。


このほかにも、「我が母の教え給えし歌」なども良く演奏されますが、こちらもクライスラーの編曲です。



さて、ソナチネに話を移しますが(やっとかい!)、この曲はドヴォルザークが自分の子供たちのために書いた曲だそうです。


子供たちのその時々の能力に合わせて、こんな素敵な曲をプレゼント出来るなんて、なんと素晴らしい!


御承知のとおり、ドヴォルザークはその50代前半をアメリカで過ごしますが、このソナチネはそのアメリカ時代に書かれたものです。


メロディーの中に、アメリカの民族的な節回しが聞こえてくるのがきっとお分かりいただけると思います。



今回演奏するのは快活な4楽章のみですが、2楽章も本当に心に沁みる名曲です。

こちらも機会がございましたら是非!(いつものパターンで締め。)


スズキ・メソード仙台支部合同演奏会

3月15日 13:00開場 13:30開演

日立システムズホール仙台 コンサート・ホール

入場無料 全席自由 

未就学児も入場可能です!

チラシはこちらを。

posted by suzukimethod at 01:26| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする