2013年06月08日

スズキ・チルドレン・コンサートとは?

7月に開催されます『スズキ・チルドレン とどけ!はばたけ!コンサート 2013』

このコンサートの起源は1964年に遡ります。



それ以前、スズキ・メソードに関するフィルムは既に海を越えアメリカへと渡っていました。

これを見てこのメソード(=教育法)に関心を持ち、

アメリカからはるばるスズキを勉強するために来日し、

鈴木鎮一のいる松本でこの教育法を学んだ指導者が少なからずいました。



彼らが、この教育法の理念と価値を信じ、海外への普及をさらに促すために、

鈴木先生をはじめ、10名の子供たち 『スズキ・チルドレン』 を米国に、のちにはヨーロッパへと招き、

約1カ月間に渡って欧米をツアーしたのが、『スズキ・10チルドレン・ツアー』でした。



鈴木鎮一の講演や、公開レッスン、そして子供たちの演奏は、海外にも大きなインパクトを与え、

現在までに世界46か国、約40万人が学ぶこととなる

このメソードの拡がりの礎を築いたのでした。



30年に渡り続いたこのツアーも、海外への普及という役割に一区切りをつけ、

その後は国内への啓蒙という新しい目的のためのイベントとなりました!



仙台では今回が2度目の開催となります。



しかも、7月14日(日)には郡山、15日(月・祝)には仙台と、

連日の開催です!



今回はどんな2日間となるのでしょうか!



またご報告いたします!



詳しくはこちらを!!

スズキ・チルドレン・コンサート チラシ
SUZUKI CHILDREN CONCERT_2013_Event.pdf


飯塚





posted by suzukimethod at 00:00| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

スズキ・チルドレン・コンサート

全国各地のスズキ・メソードの教室から選ばれた生徒さん10名が、

演奏を披露してくださる『スズキ・チルドレン・コンサート』。



そのコンサートが今年は、東日本大震災復興プロジェクトとして

被災地である郡山と仙台で開催されることが決定いたしました!




タイトルも、東北の復興への想いをこめて、


『スズキ・チルドレン とどけ!はばたけ! コンサート 2013』


となりました!




仙台の開催日は7月15日(月・祝)

会場は、東北大学百周年記念 川内萩ホールです!




詳しくはこちらをご覧ください!

スズキ・チルドレン・コンサート チラシ




開演は午後1時半ですが、当日は開演前に、ホールのロビーにて

関連イベントを開催いたします!



イベントに関しての情報はこちらを!

SUZUKI CHILDREN CONCERT_2013_Event.pdf




本日から少しずつ、このコンサートや同時開催イベントについて

お知らせしてまいります!



飯塚

posted by suzukimethod at 01:21| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

チャレンジャーズ・ライブ

本日6月6日、せんだいメディアテークにて行われた、

仙台国際コンクールの関連イベント、『チャレンジャーズ・ライブ』

を聴きに行って参りました!




6名の方が演奏されたのですが、皆さんそれぞれに個性があって、

とても楽しく、素敵な演奏会でした!

 


こうして世界各国からの出演者の皆さんの演奏を聴かせて頂くと、

その音楽の背後に、文化や環境など様々なバック・グラウンドを感じ取ることが出来、

普段よく聴く同じ曲でもまた違った、新しい発見が沢山ありました!




毎日生活している街に居ながらにして、世界の文化を感じ取ることが出来るなんて、

なんと有難く、素晴らしいことでしょう!




出演された皆さんにとっても、仙台で過ごした時間がプラスになっていることを

願っています!



飯塚
ラベル:コンサート
posted by suzukimethod at 00:22| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

「謝」

スズキ・メソード仙台支部のブログをご覧の皆さま


随分とご無沙汰を致しております…

長期間更新がなされず申し訳ありませんでした!



この○ヵ月間、仙台、東北には本当に色々なことがございました。



被災地である東北の我々に世界中から多大なるサポートを頂戴も致しました。



こうしてまたブログを再開し、情報を発信していくことで、

私たちの復興を少しでもお伝えできればと願っております!



こうして皆様への「お詫び」と、「お礼」の気持ちを書き表そうと思いましたところ、

どちらも「謝」の字を使うことに気が付きました。



「謝辞」と「感謝」


どうして同じ字を用いるのか調べましたところ…



「謝」は、「言」ベンに「射」と書きます。


「射」はもちろん矢を射ることで、ピンと張りつめた弦を

矢を放つことで緩めることを表すそうです。


つまり、『「言」葉の矢を「射」ることで、張りつめていた心の緊張をほぐす』

のが「謝」の核となる意味なのだそうです。



ですから、「謝やまる」のも「感謝する」のも

『「申し訳ない」と思う気持ちを言葉にして、心の負担を軽くする』


ということになるのですね。



この文章を書いたくらいでは、僕の肩の荷はまだちっとも軽くなってはいませんが…。



飯塚


posted by suzukimethod at 21:18| 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

生徒・保護者の皆さんから 2

生徒・保護者の皆さんから寄せられた記事の第2弾です。

今回は、中塚クラスの保護者、蓮江 忠男さんからのものをご紹介いたします。



今、二人の娘が中塚先生にヴァイオリンを教えていただいています。

私もかつて中学2年の時まで約9年間教えていただきました。

その後長い年月の中であちらこちらに移住しましたが、今こうして仙台に住み、
また中塚先生に(今度は自分の子供たちが)教えていただける……本当にご縁を感じています。




娘たちは、当時私が使っていた楽器を順番に使っています。

ずいぶん古くなりましたが、自分が中塚先生に教えていただいた頃の
音がまだ鳴っているようで、懐かしさと嬉しさを感じます。




私自身も、子供たちが始めるのと前後して、またヴァイオリンを手にしました。

アマチュアオーケストラでの活動を楽しんでいます。

スズキ・メソードでご指導いただいたことが、自分の生活や人生を充実させてくれていると実感します。

中塚先生はもちろん、導いてくれた両親にも感謝の気持ちを感じています。




今年の春の演奏会から長女が弦楽合奏団に入り、親子で同じプルトで共演しました。

また新たな思い出が加わりました。



中塚クラス  蓮江 忠男
posted by suzukimethod at 01:01| 生徒・保護者の皆さんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

今年の!

2010年、飯塚クラス 秋の演奏会が、23日(秋分の日)に、昨年と同じ常盤木学園シュトラウスホールにて開催されるという事実が判明しました。


今頃?それって今週では?


とお思いでしょうが、そこはお納めください。


現在追い込みの最中で、生徒一同、本番に向けて頑張っております。


小さなお子様連れでも大歓迎です。


今後お子様に楽器を習わせたいとお考えの方も、

もう大人になられて楽器を始めたいとお考えの方も、

たまたまお時間に余裕が出来た方も、


是非お誘い合わせの上、ご来場ください!


〜飯塚教室発表会〜

≪日時≫
2010年9月23日(木)秋分の日
15:30開場 16:00開演

≪会場≫
シュトラウスホール
[常盤木学園高等学校内]

入場無料・全席自由

≪お問い合わせ≫
スズキ・メソード飯塚クラス
022-265-9568
(不在の場合はご質問内容とご連絡先を留守番電話にお入れ下さい。)
posted by suzukimethod at 01:17| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

生徒・保護者の皆さんから 1

私は小さい頃からヴァイオリンを習っていますが、ヴァイオリンは私にとって生活にあるのが当たり前のような存在になっています。


ヴァイオリンを通して今まで様々な経験を得てきましたし、ヴァイオリンを弾くのはやはりとても楽しいです。



しかしもちろんのことながら、ヴァイオリンを続けていると、いつも楽しい思いをするわけではありません。


まだ習得していない技術、自分が弾けるとは思えないような難しい曲に出会ったりもします。



しかし、ヴァイオリンは最初どんなに難しい、こんなの弾けないと思っていても、日々練習を繰り返すことによって本当にだんだんと弾けるようになってくるのです。



練習しなければいつまでも弾けるようにはならない、けれど、練習をすれば必ず結果は返ってくる。


ここにヴァイオリンの面白さの一つがあると私は思っています。



また、曲を弾いているときの集中力、弾けるようになるまで繰り返し練習する忍耐力、他にもヴァイオリンは様々な面で、個々人の持つ力を養ってくれます。


私の経験から言えば、ヴァイオリンによって養われたこのような力は、普段の生活の中で活かすことのできる力です。



私はこれからもヴァイオリンをずっと続けていきたいと思っていますし、ヴァイオリンを通してさらに成長していけたら良いと思っています。



ヴァイオリンを習わせてくれた両親には、本当に感謝、感謝ですね (^.^)/


佐々木クラス 吉村 美貴
posted by suzukimethod at 09:53| 生徒・保護者の皆さんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

照井教室のうれしかったこと

私のもとでヴァイオリンを習いはじめて間もなく30年になろうとしている椎井あゆみちゃんが、同級生の岩井さんと6月18日に目出度く結婚いたしました。

それに先立ち、5月にささやか乍ら教室のみなさんからお祝いの演奏等で祝福させていただきました。


あゆみちゃんは、努力家で、まじめにコツコツと練習し、社会人になるまで教室の行事等に欠席することなく、教室生のあこがれのお姉さんとして慕われ、また私の良きパートナーでもあります。


岩井さんの良き理解を得て、ヴァイオリンは続けています。


お幸せを心より願っています。


指導者 照井 勢子

posted by suzukimethod at 09:34| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

さらに熱くなりました。




シューマンのヴァイオリン・ソナタ第2番も、フェルディナント・ダーヴィトのために書かれました。


そもそもシューマンのヴァイオリン曲は皆晩年に、つまりシューマンに精神病の傾向が現れてからの作品と言われ、曲の内容にもその影響が出ている、と指摘されることが多いようです。


確かに、若いころに書いたピアノ曲の精緻さや、シンフォニーで見せた完成度の高さとは違うものを感じます。


それはたとえば、内側から湧き上がってきた旋律を思いのままに五線にどんどんと書き落としていったような、推敲や反省を繰り返して成り立ったものとは違う、作曲家の本来持つ「生」の部分がそのまま味わえる、そういう感覚かも知れません。もちろん、この作品も推敲や反省を持って書かれてはいるのでしょうが、そういう感覚にとらわれます。


内容的には、第1番のソナタ同様やはり高音をあまり用いず、シンコペーションを多用したより複雑なリズムでピアノとの対話も難しさが増しています。


第1番の方は抑制と開放を繰り返したパッションは、第2番ではより放出される方向にあります。


とにかく、簡単に言うと、もっと熱い曲です!


何年前でしょうか、仙台でジャン・ジャック・カントロフがリサイタルを開いた際、この第2番のソナタを取り上げていました。生演奏を聴くことが出来たのは非常に幸運でした!


さて、最近YouTubeでこの曲の名演を見つけました。


最近とても人気のあるフランスの若手ヴァイオリニスト、ルノー・カプソンと、言わずと知れたマルタ・アルゲリッチのライブ演奏です。


かつてないほど熱い演奏です!すばらしい!


ご紹介しているのは第4楽章の演奏ですが、全楽章見られるようです。是非ご覧ください!


飯塚
posted by suzukimethod at 10:21| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

熱いのは湿度のせいではなく

またシューマンの話題で引っ張ってみます。

今日はヴァイオリンについてです。


シューマンのヴァイオリン曲は、一般的にはヤハリほとんど知られていません。


ヴァイオリン・ソナタが3曲と、ヴァイオリンとオーケストラのためのファンタジーが1曲、そしてヴァイオリン協奏曲が1曲存在しますが、そのどれもがすぐに頭に思い浮かぶとおっしゃるかたは、かなりの通です!


ところが、このヴァイオリン曲はどれもブログに書くような話のネタに関しては満載なのです。


なので小出しにすることにしまして、今日はソナタについて書きます。



3曲のヴァイオリン・ソナタのうち、第1番はフェルディナント・ダーヴィトのために書かれました。


ダーヴィトは、当時非常に影響力のあったヴァイオリニストの一人で、メンデルスゾーンが率いていたライプツィヒのゲヴァントハウス・オーケストラのコンサート・マスターでもありました。


(ちなみに、あの有名なメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲やヴァイオリン・ソナタも、このダーヴィトのために書かれたのです。)


ピアノ・パートはもちろん、クララ・シューマンが受け持ったのでしょう。


内に秘める「魂の叫び」を、増幅させては時に爆発させる、非常にシューマンらしい、熱い作りの曲です。


が、全体にヴァイオリンがあまり高音を使わないため、一見「地味」で華やかさに欠けるように感じられるのです。


シューマンのヴァイオリン・ソナタは、苦労の割に演奏効果が上がらないなどと、不届きな批評を良く目にするのですが、それは本質を見極めていない、表層的な感想なのです!


シューマン好きにとっては、そこがいいんです!


数年前には、庄司紗矢香さんセルゲイ・ハチャトゥリアンがこの曲をコンサートで取り上げ、NHKで放送されていました。


お二方とも、本質を突いた素晴らしい演奏でした!


こんなにも無名なこの曲が相次いで取り上げられたことの陰には、最近ヘンレという出版社で最新版の楽譜が発売されたことも大きいのでは?などと想像します。


さらに6月20日(日)、白石市のホワイトキューブというホールで、佐藤俊介さんリサイタルの中でこの曲を演奏されるようですね。どんな素敵な解釈が聴けるのでしょう!


なかなか生で聴く機会の少ない曲です。


お近くの皆さま、是非足を運んでみましょう!


飯塚
posted by suzukimethod at 00:26| お知らせ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする